ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

らーめん一

らーめん一を初訪問。
東中野駅の西口から、徒歩1分程度。

読み方は、"いち"でいいのかな?らーめんではなくて、ら---めんが正しいのかな?
らーめん一
先客5名。券売機で食券を買って、給水機でコップに水を入れて着席。

店内にトッピングについての貼り紙がないなーと思っていたら、
「らーめんでお待ちのお客様、ニンニクは入れますか?」
「無しで。」

らーめん(580円)
らーめん一
野菜コールなしでも、結構な盛り。

後から来た人の野菜コールには、もっと盛っていました。
らーめん一
この値段で盛りが良く、そして味の方もかなりの完成度でビックリでした。
フーズ系を洗練したような味で、フーズ系で二郎を覚えた自分にはかなりストライクな味でした。

インスパイア系でありがちな、麺の変な香りもなし。
どこの麺か知らないけど、この系統ではかなり美味しい部類。
らーめん一
スープもなかなかの味で、カネシ醤油に慣れた身にも違和感なし。
豚は1枚だけど、味は悪くない。

接客もちゃんとしているし、ちょっとしたサプライズでした。
こういう店に巡り合うと、インスパイア系巡りのテンションも上がりますな。
らーめん一

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。