ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラーメン もみじ屋

2010/9/20オープンの新店。明大前駅からは、徒歩5分程度。先客4名と空いていた。

店の前は少し裏道っぽい道路だが通学路になっているようで、帰宅する高校生が大量に通行している。彼らがもし店に押し寄せたらえらいことになってしまいそうだ。

まずは、券売機で「ラーメン(700円)」の食券を購入。
「ニンニク・野菜・あぶらは無料で増すことができます。ラーメンが出来あがってからお伺いします。」と記載されている。
もみじ屋

店内は、カウンター4席とテーブル席(7~8人程度)。更にカウンター席っぽいものが3席程度あったが、花が置かれており今は座れそうにない。店が繁盛してくると、相席が増えそうな予感。

卓上の水をセルフで。調味料、レンゲはなし。離れた席には何か調味料を置いているようにも見えたが未確認。

しばらくすると、女性助手が「失礼します。ニンニクはお入れしますか?」と随分丁寧な確認。
「ニンニク無しで」とお願いして、程なくラーメンが運ばれてきた。

ラーメン(700円)
もみじ屋

富士丸系とのことだが、クタクタ野菜にかけられた脂がいかにもそれっぽい雰囲気。スープの乳化具合は、先日食べた「その先にあるもの」を思い出させる。豚は、かなり醤油が染みており、濃すぎに感じる人も多そうだが、結構好きな味。

麺は、富士丸っぽいボキボキ感が結構あっていい感じ。かなりの再現具合だと思う。ボリュームは、標準的な二郎と同じくらい。

 もみじ屋

全体的には、「富士丸」と「その先にあるもの」の中間に位置するようなラーメンでした。こちら方面にこれ系の店がなかったので貴重な存在になりそうです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。