ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

らーめん辰屋

世田谷線に乗って松陰神社前駅へ。先客6名。
今日はビールをやめておこうと思っていたが、辛し高菜と紅しょうがを発見してしまい、これはもう飲むしかないでしょう。

まずは、ビール(500円)。
らーめん辰屋

辛し高菜(100円)
らーめん辰屋
ラーメンが完成する前に提供してくれるので、ビールのオツマミに丁度いい。いつも食べ慣れている辛し高菜が相当辛いので、あまり辛く感じなかった。

紅しょうが(50円)
らーめん辰屋
紅しょうがは好物で、何といっても天ぷらが最高だけど、こうやってビールのオツマミにするのもアリ。そして、ほぼ飲み終えた頃にラーメンの完成。

辰醤油らーめん小(650円)ニンニク抜き
らーめん辰屋
相変わらず、(小)とは思えない迫力。

横から見ても、かなりの盛り具合。
らーめん辰屋
今日はスープが美味すぎだったので、辛し高菜と紅しょうがの投入は終盤まで見送り。

麺が3割位になったところで全部投入。
らーめん辰屋
博多らーめんのような味わいになるかと思いきや、鰹節と紅しょうがとキャベツと麺を一気に喰らうと、ああこれは、たこ焼きww

スープに酸味が加わり、更に辛し高菜の辛さも加わって、どんどん味が変化していくスープを満喫、ついつい飲み過ぎて満腹になってしまった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。