ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年最後の一杯

今年も残すところあと1週間。
2012年最後の一杯を食べてきました。

このスープと細切れ豚、これだけでどこの店か分かりますよね。
R0019804.jpg
今日は、ショウガの香るスープが絶品で、大当たりでした。せっかくのスープが勿体ないので、最近ふりふりカレーは見送っていますが、今日もそれが正解でした。

カタメで頼んだ麺も、ちょうどいい具合。それにしてもカタメ率8割以上って...

小ラーメン(700円)、味付け玉子(100円)、麺少なめカタメ
R0019803.jpg
もうお分かりですね、今年最後の一杯は上野毛店でした。

そして2012年の振り返りです。
何かと多忙になり、遠征することを完全に諦めた1年でした。

次世代の人たちがいろいろと情報発信してくれているので、近場の好きな店を巡回していた感じです。それにしても、合計43杯(1週間に1回行けていない...)、直系二郎の訪問が11店だけ...とは、何とも情けないですが。


らーめん陸本店 7杯
ラーメン二郎上野毛店 5杯
らーめん陸尾山台店 4杯
蓮爾 さんこま店 4杯
ラーメン二郎三田本店 3杯
らーめん辰屋 2杯
ラーメン二郎環七一之江店 2杯
ラーメン二郎環七新代田店 2杯


ホームページを始めてから9年が経ち、来年は10年目になります。
引き続き、マイペースに更新していきますので、宜しければお付き合い下さい。

これにて今年最後の更新となります。
それでは皆さんよいお年を。

スポンサーサイト

PageTop

ラーメン二郎 上野毛店

大井町線で上野毛へ。
二郎から横断歩道を渡った所に、ファミリーマート上野毛駅前店が出来ていた。
12/13にオープンしたようだが、レジ内に店員が8人と大盛況だった。
一所懸命だが不慣れなバイト君、是非頑張って欲しい。

そんなことより二郎です。

外待ち1名、すぐに席が空いて着席。学生がいないので落ち着いた店内。
こちらは、店主と助手1名。寒いですが、つけ麺が食べたい気分。

小ラーメン(700円)、つけ麺(150円)
ラーメン二郎 上野毛店
カタメ注文が多いのがこの店の特徴だけど、カタカタ率もかなりあがってきている。
この勢いが続けば、数年後にはカタカタカタが主流になる日がくることでしょう。

細切れ豚が入る法則が良く分かりません。今日はナシ。
ラーメン二郎 上野毛店

豚は、見ての通りアタリです。
ラーメン二郎 上野毛店

つけ汁は、唐辛子のリングが浮かんでいます。
柚子胡椒も効いてピリ辛です。
ラーメン二郎 上野毛店
非乳化のつけ麺が好きなので、何の文句もないとても美味しい一杯でした。

これで今年最後の一杯にしてもいいかな。でも、チャンスがあればもう一杯行きます。

PageTop

ラーメン二郎 三田本店(夜の部)

今年も残すところあと半月。
2012年最後の1杯になるかもしれないということで、三田本店に。
ラーメン二郎 三田本店
先に言っておきますと、今日は大ハズレ&大撃沈でした

外待ち7名。10分程度待っている間、どこからか分からないが生ゴミ臭が漂ってきて、食欲がかなり減退。ようやく空いた席に座ると、テーブルの上には凝固した脂が付いたキャベツの芯が放置されている。。。もうテンション下がりまくり。

ラーメン(600円)麺半分
ラーメン二郎 三田本店
見た目は美味しそうなんですが、もう食べる意欲が失せていてどうしようもありません。なんとか麺は全て食べきりましたが、野菜は体がどうしても受け付けず。。麺半分で撃沈って...

でも、そんな中でもちょっといいこともありました。ラーメンを食べながら聞こえてくるJrと助手の会話、オヤジが助手をイジる会話と全く同じなんですよね。Jrが店主でも全く違和感はなく、次世代への引き継ぎが順調に進んでいるのだなということを感じました。

このままでは今年を〆ることは出来ないので、どこかで少なくとも1杯は必ず食べますよ!

PageTop

蓮爾 さんこま店

三軒茶屋から徒歩で蓮爾さんこま店へ。先客5名。
入店すると、食券を買う前にいきなり麺の量を聞かれ、「ミニ」と返答。

ミニラーメン(650円)、うずら(現金100円)
蓮爾 さんこま店

いつも通り、きしめんのような麺。
この麺で、すき焼きの〆をやりたい。
蓮爾 さんこま店

豚も見ての通り抜群。
蓮爾 さんこま店
スープはかなり乳化。麺によく絡むので良いのだろうけど、個人的には非乳化の方が好き。
最近、さんこまの頻度が高くなってきたぞ。

PageTop

凛@渋谷

買い物ついでに、渋谷の凛へ。店内は、7割程度の客。

新たに券売機と給水機が導入されていた。以前の口頭注文前払い方式には違和感があったが、これなら違和感なし。未食のプルコッチに何を合わせようかと悩みながら食券を購入。
凛
食券を渡すとニンニクの有無を聞かれたので、ニンニク無しの麺少なめで注文。

しょうゆ(700円)麺少なめ、プルコッチ(100円)
R0019307.jpg

プルコッチ、辛さ控えめで香りが良くてなかなか美味い。ネットで検索すると、激辛の青唐辛子のようだが、あまり辛くはなかった。
凛
麺を啜った時にプルコッチが喉に直接当たり咽てしまったり、食べ終わる頃にはスープが結構な辛みを帯びていて汗や鼻水が止まらなくなったり、帰りの電車は暑くて汗びっしょりになったりしたけど、食べている時は大して刺激的な辛さではなかったんだな。でも体の奥からじんわりと辛さが伝わってきて、ああ唐辛子を食べたんだなという不思議な感覚。

豚、脂身少なめで柔らかく抜群。
凛

煮豚欲しいけど、取りに行けるか分からないからなぁ。
凛

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。