ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

半年振りに、新宿小滝橋通り店を訪問。カウンターには、ちょうど空席1つ。ビール(中瓶)おつまみ付(500円)、小ラーメン(700円)、ねぎ(150円)の食券を購入。

食券を渡す時に「麺カタメ」でお願いすると、「1回遅くなりますがよろしいですか」と。1回遅くなる理由が全く分からないが、ゆっくり飲みたいので全然OK

ビール(中瓶)おつまみ付 500円
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店
あら、こんなオツマミでしたか。もしかして、食べるの初めてかも。

箸で触れると、豚が切ってあることに気付いて、ちょっとビックリ。
味が薄いので、卓上の醤油と唐辛子で調整。
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

同時に入った客よりも1ロット遅れてラーメンが完成。1回遅くな・・(略
ネギが乗っているのこともあり、ノーコールでも結構な盛り具合。頂上には豚の切れ端?のようなものが。
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

横から見ても、結構な盛り具合。
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

カタメに茹でられた麺は、パスタ感はなく、悪くはない味わい。
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店
意外に美味しい印象の小滝橋だけど、今回はスープが薄くてぬるくて残念でした。

PageTop

初詣

2012年最初の一杯は、三田本店へ

新年営業の初日ということで、朝早い時間にも関わらず大行列。
裏口駐車場で折り返して更に10人以上... 極寒の中、ジャスト1時間待ちでした。

ラーメン(600円)麺少なめ
三田本店
濁った油層のあるスープ。野菜はクタクタの茹で加減。
豚は脂身と筋が多く、半分はハズレでした。

オーダー通り麺少なめになっていたので、苦しむことなく完食。
体の芯まで冷えていたけど、食べ終わると体はポカポカ

今年も二郎を楽しむぞ
三田本店

PageTop

生麺の食べ方~すき焼き編

数年ぶりに、我が家で「すき焼き」をすることになった。

すき焼きの作り方が東西で異なることは周知の話だが、割り下云々の議論以前に、コッテリ好きの私と妻との味覚が合わず、過去に味付けで喧嘩になったこともあり、すき焼きは鬼門の存在。

正月ということもあり久々にやってみたが、今回はお互いに歩み寄った結果、こっさりな味付けで平和な食事となった。〆には、桜台駅前店で購入した麺を食べてみたのでレポートしておく。

すき焼きも終盤に入った頃に、冷凍庫に残していた麺180gを5分茹でる。
生麺

水で締めて、ヌメリを取る。
生麺
ツヤツヤして、とても美味しそう。
この時点で食べてしまいたくなる衝動を抑えねばならない。

そして、すき焼きに投入。
生麺
麺180gしかないので、子どもたちには事前にライスをたっぷり食べさせて満腹にしておいたことは内緒。

グツグツと煮込む。
生麺

段々と、汁を吸ってくる。
生麺

そろそろ食べ頃。
甘っ。美味っ。
生麺

一番美味いのは、最後に残った麺。
全てのエキスを吸いこんでいる。
生麺
いやー、美味かった

来年も桜台の生麺、楽しみにしています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。