ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラーメン もみじ屋

2010/9/20オープンの新店。明大前駅からは、徒歩5分程度。先客4名と空いていた。

店の前は少し裏道っぽい道路だが通学路になっているようで、帰宅する高校生が大量に通行している。彼らがもし店に押し寄せたらえらいことになってしまいそうだ。

まずは、券売機で「ラーメン(700円)」の食券を購入。
「ニンニク・野菜・あぶらは無料で増すことができます。ラーメンが出来あがってからお伺いします。」と記載されている。
もみじ屋

店内は、カウンター4席とテーブル席(7~8人程度)。更にカウンター席っぽいものが3席程度あったが、花が置かれており今は座れそうにない。店が繁盛してくると、相席が増えそうな予感。

卓上の水をセルフで。調味料、レンゲはなし。離れた席には何か調味料を置いているようにも見えたが未確認。

しばらくすると、女性助手が「失礼します。ニンニクはお入れしますか?」と随分丁寧な確認。
「ニンニク無しで」とお願いして、程なくラーメンが運ばれてきた。

ラーメン(700円)
もみじ屋

富士丸系とのことだが、クタクタ野菜にかけられた脂がいかにもそれっぽい雰囲気。スープの乳化具合は、先日食べた「その先にあるもの」を思い出させる。豚は、かなり醤油が染みており、濃すぎに感じる人も多そうだが、結構好きな味。

麺は、富士丸っぽいボキボキ感が結構あっていい感じ。かなりの再現具合だと思う。ボリュームは、標準的な二郎と同じくらい。

 もみじ屋

全体的には、「富士丸」と「その先にあるもの」の中間に位置するようなラーメンでした。こちら方面にこれ系の店がなかったので貴重な存在になりそうです。

スポンサーサイト

PageTop

ラーメン荘 その先にあるもの

ラーメン荘 その先にあるものが、本日19:00~21:00にプレオープンということで、立川の「らーめんたま館」へ様子見に。

その先にあるもの

プレオープンは関係者のみ食べられるのかと思っていたら、普通に営業しており、しかも券売機前には8人しか並んでいないので、立川二郎で食べる予定を急遽変更して並ぶことにする。

でも実は券売機の向こう側にも10人程度並んでおり、食べ始めるまでジャスト1時間待ち。座席はコの字型で15席、1ロット5杯で回しているので着席しても食べていない人が多く、回転はかなり遅い。

その先にあるもの

券売機に記載されている「その先にあるもの 100円」というのは、大盛りのこと。ちなみに、「その先にあるもの」のボタンは全部で47個もあるのだが、大盛りを推奨しているということなのだろうか?

その先にあるもの

おしぼりと箸とコップは自分で。卓上の調味料やレンゲもないところは、一乗寺と同じスタイルか。
トッピングについては、貼紙こそないものの、全増しコールに対応していたり、別皿での脂提供にも対応していた。

ラーメン(700円)
その先にあるもの
西新井や一乗寺にいた店主が、麺上げとトッピングの盛り付け。野菜を増さなければ、まあ常識的なボリューム。スープは醤油が控えめで、なかなか旨い味。豚の味が濃い目なので、ちょうどいいバランス。

その先にあるもの
ラーメン荘の麺って、こんな感じだったっけ?随分前に食べたきりなので忘れてしまったが、フジマル的なボキボキ感はなく、少しツルッとした麺。でも全体としては十分に二郎テイストであり、満足できる一杯でした。

その先にあるもの

立川二郎が臨休の時に助かるし、立川二郎で食べた後にここで「持ち帰り豚」を買ったりもできるし、いやもちろんラーメン荘を目当てに食べにくることも、とまあ立川への訪問が少し楽しくなりそうです。

---------------------------------------------
東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1階
月曜日~土曜日:11:00~25:30
日曜日のみ:11:00~23:00
定休日*無

22年9月22日(水)
プレオープン:19:00~21:00

22年9月23日(木)
グランドオープン:11:00~25:30
---------------------------------------------

PageTop

ラーメン二郎 府中店

夜の部、14人待ちで食べ終わるまで1時間コース。

20分経ったところで券売機に到達すると、「お客様へ 大変申し訳ありませんが、本日両替はできませんので予めご了承下さい。」との記載あり。

予め・・・行列が進まないと見えない場所に記載されていても、それはちょっと厳しい要求。

行列に長時間並んで、いざ食券を買おうとして1万円札しかないことに気付いた人ってどうするのかな。府中店に訪問する時は、小銭の用意が必須だ。

ラーメン(600円)+温泉玉子(100円)
R0011741.jpg

野菜がテカテカにコーティングされている。調理過程を見ていなかったけど、油をかけているのだろうか?
茹で加減はちょうどいい具合い。

R0011740.jpg

連日の極太麺だけど、やはり府中店の太さは半端なく凄い。これはよく噛まないと消化出来なさそう。スープ表面の油が絡んで、麺もテカテカだ。

豚はもう少し火を通してもらわないと困る感じで残してしまったが、全体的には食いごたえのある一杯で満足できた。

R0011742.jpg

直系一巡まで残り5店。
<訪問難易度>
三田本店  ★★★☆☆
立川     ★★☆☆☆
栃木街道  ★★★★★
茨城守谷  ★★★★☆
京成大久保 ★★★☆☆

PageTop

らあめん大山 神田店

エビースターつけ大麺(850円) あつもり、ニンニク無し
R0011726.jpg

ブログに移行してから、既に4回目の訪問。ちょいと大山に行きすぎ?

ジロガーというか、むしろタイガー?

R0011727.jpg

麺がもの凄く長い。

麺をスープに入れる時、立ち上がる人がいてもおかしくないほど(マジ)。

R0011728.jpg

エビースターつけ大麺を食べる時は、スープの底に溜まったエビに麺を絡ませることが重要!

うぉりゃ--------------------------------------ッ!!!!!

PageTop

ラーメン二郎 鶴見店

19時頃、先客6人で待たずに着席。食券を購入して座ろうとすると、「ちょっとお湯を替えていますんで、座ってお待ち下さい。」と。

店主が麺茹での後は、助手がトッピングの確認と盛り付け。茹で時間が8分弱と長く、また1ロットの杯数が多いので盛り付けにも結構時間を要している。結局、着席から25分でラーメンの完成。

小ブタ(700円)・野菜
ラーメン二郎 鶴見店

野菜コールをしたら、野菜を2掴み加えられ、鶴見にしては結構な盛り具合い。豚は、醤油が染みてかなり味が濃くて、ビールが欲しくなる感じ。脂身が少ないので好みな豚。

ラーメン二郎 鶴見店

麺は、茹で時間の割には不思議とちょうど良い茹で加減。ボリューム少なめでサクッと完食。

ラーメン二郎 鶴見店

食べ終わると5人待ち。お湯替えのタイミングは、行列が長くなるみたい。

ラーメン二郎 鶴見店

直系一巡まで残り6店。
三田本店
府中
立川
栃木街道
茨城守谷
京成大久保

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。