ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラーメン二郎 小岩店

めじろ台で食べた後は、京王線→中央線→総武線で小岩店へ。平日の夜の部営業がなくなり、サラリーマンにはハードルが高くなってしまった店だ。昼時を過ぎているというのに、終始5人程度の待ち。
ラーメン二郎小岩店

中2時間の連食なので、「半分豚2枚」600円を注文。前から巻き豚だったっけ?卓上の魚粉はなくなった?
ラーメン二郎小岩店

スープがもの凄くしょっぱくなっている。連食だから濃く感じた?夏仕様?麺半分だから?それとも単なるブレ?とにかく醤油が濃い~スープで、ひと口も飲めなかった。これでカラメにしたら、えらいことになるのでは!?

巻き豚は、ウマーですね。
ラーメン二郎小岩店

小岩店は、直系二郎の中でもトップクラスに好きな店なのだけど、今日はちょいと味が濃すぎたかな。まあそういう日もあるか。
ラーメン二郎小岩店

今月は直系二郎を8店訪問、これで21店/35店で6割達成。今年も直系二郎全店一巡出来るかも!?

営業時間:10:30-15:00
定休日:日曜日・祝祭日

スポンサーサイト

PageTop

ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

新メニューの「汁なし」を目当てに訪問。20食限定/日なので、かなりハードルが高いメニューだ。

ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

券売機で、小ラーメン(650円)+汁なし(100円)+粉チーズ(100円)の食券を購入。
卵黄とブラックペッパーとフライドオニオンと粉チーズということで、関内の「汁なし」と同じ構成。小さめの丼にみっちりと詰まっているので、かき混ぜるのが結構大変。
ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

混ぜると、底からカネシに染まった麺が出てくる。カタメで食べ応えのある麺は、醤油もよく染み込んで非常に好みな味。関内との相違点としては、麺の食感が一番大きいか。
ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

オリジナルメニューの「つけ味」は正直好みではないが、この「汁なし」は大当たり。豚も非常に美味い。遠征する価値ありの一品で、毎回「汁なし」を注文してしまいそうだな。

ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

20食限定/日ってことは、やはり夜の部だと食べられるかどうか分からないのだろうか。この味なら是非ともレギュラーメニューになって欲しいところ。

この後、さらにもう一軒へ・・
R0011195.jpg

昼の部:11:30-14:30
夜の部:18:00-21:00
定休日:日曜日・祝祭日及び木曜日昼の部

PageTop

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

ざっと30~40人待ちで、食べ始めまで40分。もっと空いていることを期待していたけど、夏休みでも学生は来ているみたい。

小つけ麺(麺少なめ)850円。
小つけ麺
豚は、薄そうに見えるけど、氷山のように水面下には大きな塊。スープは軽い酸味でさっぱりと食べやすい。


小つけ麺
麺は、カタメの茹で加減で、こんな麺だったかな?美味いんだけど、昔はもっと幅が広かったような記憶。

野猿はどうしてもボリュームに警戒してしまうが、今日は麺少なめにする必要はなかったな。。

PageTop

ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

夜の部に訪問、空席2つ。店内の両替機で1万円札を両替えしてから、券売機で食券を購入。
食券を渡す時に、麺かためと野菜多めで注文。麺かためは1回遅くなりますがいいですかと確認される。

小ラーメン(700円)麺かため野菜多め+味付煮玉子(100円)
小ラーメン(700円)麺かため野菜多め+味付煮玉子(100円)


かためで頼んだ麺は、噛むとプツッと切れる食感。麺の断面中央部には白く芯が残るアルデンテ状態。ブタが薄いことぐらいしか文句をつける点がなく、いったいどうしてしまったの?という程に美味くなっている。
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

いやいや、本当に美味かった。
ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

PageTop

ラーメン二郎 京急川崎店

夜の部、到着時10人待ち。猛暑だけど比較的風が吹いており、また店前の巨大扇風機のお陰で、しばらく待っていると汗も落ち着いてきた。

小ブタ(800円)を注文。
店内には、「技量不足の為、かためは出来ません。」との貼り紙。

小ブタ

柔らかめの麺に味醂が効いた甘めのスープは、昔の亀戸店にかなり似ている。この甘いスープは結構好きで、ついつい飲んでしまう。ブタは脂身がかなり多くてあまり好みではない部位。ブタ入りにしては、ブタが少ないような・・でも、すごく柔らかかった。

<店内掲示>
7/31(土) 14時まで。
8/1(日)~8/15(日)まで夏季休業。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。