ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラーメン二郎 相模大野店

相模大野へ。

休日の二郎は、随分と久しぶり。大野銀座商店街は「積木の街」だそうだが、色々な形がある積木みたいに個性的なお店が集まっているという意味のようだ。確かに個性的だ。
ラーメン二郎相模大野店

商店街に入ると、案内図が掲示されている。二郎へ行くには、再開発地区を避けて迂回せねばならない。
ラーメン二郎相模大野店

という訳で、小田急の線路沿いをまっすぐ。
R0010549.jpg

線路沿いには、商店街各店の案内。もちろん、二郎も。
ラーメン二郎

要するに、銀座通りが通行できないので線路沿いを通るということ。
ラーメン二郎相模大野店

3連休初日だし、この暑さだし、空いています。
ラーメン二郎相模大野店

今日は、未食の「賄い」が目当てでした。
トッピングの確認は、「いきましょう。」 「そのままで。」 ってなんのこっちゃ。

ラーメン(650円)+賄い(200円)
賄い

丼が2段になっており、下の丼で混ぜて下さいとのこと。そのままでも混ぜることは可能だと思ったが、せっかくなので野菜と豚を下の丼に避難させてから混ぜてみる。

つけ麺と同様の冷たい麺に、魚粉、揚げ玉、海苔、ゴマ、などが入っている。醤油や油が控えめで、結構あっさり系。野菜と豚を随時下の丼から移しながら食べ進む。最初はあっさりかと思っていたら、満腹になるにつれて段々と揚げ玉の存在が重くなった。

「お茶漬け~麺」で麺をスープに漬けずに食べたら結構旨いが、「賄い」はそれにちゃんと味付けが施されているといった感じか。麺が温かければもっと美味くなるような気もした。

ラーメン二郎相模大野店

これで今年の直系二郎は16店を攻略。直系一巡は諦めてはいるものの、もう少し攻略しないとな。



PageTop

らあめん大山 神田店

新メニューの「冷やし大胆麺(タイタンメン)」は、写真を見る限り細麺っぽいのでスルーして、未食のエビースターつけ大麺を選択。食券を渡すと、ニンニクの有無のみ確認される。

エビースターつけ大麺(850円)

エビースターつけ大麺

極太麺は、相当な食べ応え。とても美味かった。

割り箸

スープの塩分濃度は結構高く、さすがにそのまま飲めなかった。スープ割りをお願いすると、小さめの器でトロっとしたスープが供される。

スープを飲んでいると、普通のらーめんも食べたくなってしまう。。

スープ割り

整然と並んだ割り箸。店内は清潔感があり、几帳面に運営しているようですね。

割り箸

<参考文献>
らーめん大山 Official Site
らーめん大山の大将日記

PageTop

らーめん辰屋

世田谷線で松蔭神社前へ。雨の影響か先客1人と空いていたが、次第に賑わってきた。

らーめん辰屋

メニューにはカレー味も健在であったが、今日の注文は、辰・・・

辰つけ麺

辰・・・辰つけ麺(800円) です。辰醤油らーめんではありません。

辰つけ麺

野菜たっぷりで、麺を浸けるところがないですね。表面の油が結構厚く豚の脂身も多めで、極太麺に負けない濃厚なスープでした。

らーめん辰屋

PageTop

ラーメン二郎 品川店

小雨の中10人待ちで、食べ始めるまで25分。女子3人組が鍋を注文していて、ちょっとビックリ。土鍋ですか・・

ラーメン二郎 品川店

メルマガにも案内があった通り、改装工事のため7月14日からしばらくの間(約1ヶ月)お休みになるようです。
(7/12、7/13は昼営業のみ)

年季の入った店舗を見納めたい方は、今のうちに行っておきましょう。

ラーメン二郎 品川店

普通盛小(700円)+野菜、煮玉子(100円)
小+煮玉子

かなりカタメに茹でられた麺は、ボソボソ感があって直系二郎の中で一番好きかもしれない。
豚が小さいことなどもうどうでもいい位、今日の麺は旨かった。ボリュームも結構多くて、ぎりぎり完食。

次に訪問する時は、改装してきっと綺麗になっていることでしょう。

PageTop

ラーメン二郎 西台駅前店

6月27日にオープンした「ラーメン二郎 西台駅前店」へ。夜の部の営業は隔週金曜日のみであるため、オープン6日目にして念願の初訪問。

ラーメン二郎 西台駅前店

到着すると、ざっと30~40人待ち。夜の部営業の初日ということもあり、いかにもプロっぽい人たちばかり。小岩店のように行列が途中で一旦途切れる方式で、助手が頻繁に行列を確認しては誘導していた。

80分待ったところで、助手の指示に従いようやく店内へ。まずは、券売機で小豚(750円)と生玉子(50円)の食券を購入、店内にあるサントリーの自販機で黒烏龍茶(150円)も。

そして、3つある待ち席に座ってしばらく待つ。席が空いても指示があるまでは待ち席に座って待たねばならないようだ。

5分程待って着席すると、まず生玉子が出てきた。通常は生玉子の丼はもっと小さいようだが、たまたま大きい丼しか残っていないタイミングだった模様。

生卵(50円)

「ニンニク入れますか?」「ナシで。」 
そして、ラーメンの完成。
丼が熱々なので、カウンターから下ろす時は注意が必要。

小豚

生玉子の青丼と比べてみる。
この青丼、「つけ麺」にちょうど良さそうなサイズじゃないですか。

小豚、生卵

麺が熱々で、釜玉風に食べてみるととても美味い。丼が大きくて食べやすいのもイイ。

小豚、生卵

新店がオープンすると毎度ながらどこの店に味が似ているかということを考えるが、西台駅前店は高田馬場系ではないし、神田神保町とも少し違う。今のところ、三田本店に似ているなという印象で、普通に美味しかった。また暫く経ってから訪問してみよう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。