ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仙川店の麺で焼きそば

仙川店で購入した麺がまだ冷凍庫に残っていた。妻が焼きそばを作ったのだが、要所では「写真撮る?」と確認してくるところが素敵だ。

フライパンで麺を茹でるのは、主婦ならでは。男料理だと、ついつい大きな鍋で大量のお湯を沸かしてしまう。
仙川持ち帰り麺

豚と海老と野菜。キャベツではなく、白菜だ。
仙川持ち帰り麺

麺と混ぜる。
仙川持ち帰り麺

鰹節が躍る。
仙川持ち帰り麺

今回は、ホットプレートで作ったのだが、麺に少し焦げ目を付けるのがポイント。所々がカリカリとする麺が美味いのだ。
仙川持ち帰り麺
店が推奨する通り、持ち帰り麺は焼きそばが一番美味い。オススメです。

スポンサーサイト

PageTop

仙川店の生麺を食べる

仙川店で購入した生麺を食べる。今週は忙しくて二郎に行けなかったので、冷凍庫の麺が活躍してくれた。
仙川_生麺

自分で調理するだけのエネルギーがなく、妻に完全にお任せ。調理の合間に割り込んで写真を撮らせてもらう。
仙川_生麺

汁無し坦々麺(レシピ不明)
仙川_生麺

猛烈に辛くて、汗だけでなく涙まで出た。旨かったけど、残念ながらこれは生麺のベストな食べ方ではなかった。店が推奨する通り「焼きそば」で食べるのが今のところ一番だと思う。
仙川_生麺

PageTop

生麺の食べ方~すき焼き編

数年ぶりに、我が家で「すき焼き」をすることになった。

すき焼きの作り方が東西で異なることは周知の話だが、割り下云々の議論以前に、コッテリ好きの私と妻との味覚が合わず、過去に味付けで喧嘩になったこともあり、すき焼きは鬼門の存在。

正月ということもあり久々にやってみたが、今回はお互いに歩み寄った結果、こっさりな味付けで平和な食事となった。〆には、桜台駅前店で購入した麺を食べてみたのでレポートしておく。

すき焼きも終盤に入った頃に、冷凍庫に残していた麺180gを5分茹でる。
生麺

水で締めて、ヌメリを取る。
生麺
ツヤツヤして、とても美味しそう。
この時点で食べてしまいたくなる衝動を抑えねばならない。

そして、すき焼きに投入。
生麺
麺180gしかないので、子どもたちには事前にライスをたっぷり食べさせて満腹にしておいたことは内緒。

グツグツと煮込む。
生麺

段々と、汁を吸ってくる。
生麺

そろそろ食べ頃。
甘っ。美味っ。
生麺

一番美味いのは、最後に残った麺。
全てのエキスを吸いこんでいる。
生麺
いやー、美味かった

来年も桜台の生麺、楽しみにしています。

PageTop

生麺の食べ方~焼うどん風

続いて、焼うどん風。

茹であがった麺を、菜種油でコーティングしてからフライパンへ。
そうすれば、炒める時に麺がくっつくことを防止出来るらしい。

フライパンの中には、あらかじめ炒めたキャベツ・人参・白ネギ・タマネギ・豚肉。
生麺

しばらく炒めた後に、ソースの投入。ソースは、焼きそばソース・醤油・めんつゆを目分量で。
そして、あげ玉・フライドオニオン・ドライガーリックも投入。
生麺

炒め終わるとこんな感じ。
生麺

鰹節・青のり・小ネギを乗せれば、焼うどん風の完成。
生麺

こんなものを食べると、普通の焼きそばや焼きうどんでは満足できなくなってしまう。桜台の麺、美味すぎです。
生麺
この麺の美味しさには、アンチ二郎の妻も納得。子どもたちもおかわりして大満足でした。

PageTop

生麺の食べ方~油そば編

桜台駅前店で購入した生麺を調理。61人の方々の参考になれば幸いである。
そして、調理してくれた妻には感謝の意を示したい。
生麺

今回の調理は750g。大きめの鍋で茹でる。
生麺

茹で時間は5分強。子どもたちも食べるので、少し柔らかめに。
生麺

茹でている間に、丼にタレを準備する。めんつゆをベースとした、甘めの醤油味。
タレの材料は、めんつゆ・醤油・ゴマ油・鶏ガラスープの素・茹で汁少々。いずれも目分量・・
生麺

具は、ドライガーリック・フライドオニオン・ごま・小ネギを準備。
生麺

茹であがった麺をタレの入った丼に入れて、具を乗せれば「油そば」の完成。
生麺

甘めのタレが麺によく絡み、これはとても美味かった。
生麺
甘めの醤油味が好みな方には、このタレがオススメ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。