ラーメン二郎たべある記blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラーメン二郎 三田本店

三田本店、夜の部へ。約15人待ちで、行列は角まで。食券を見せるように言われた際に、「半分」でお願いする。今日の助手さん、しっかりとした対応で好印象。

ラーメンが完成して提供される際、「小です」と。結構なボリュームなので、「半分」を忘れられたか?とかなり焦る。

ラーメン(600円)、半分!?
三田本店
油が多くて、なかなか重い一杯だった。なんとか食べきれたが、お腹パンパン。これは普通の小だったのか、それとも半分だったのか・・

加齢とともに、食える量が確実に減ってきた。HPを初めてからもうすぐ10年、そろそろ潮時なのかもしれない。

スポンサーサイト

PageTop

ラーメン二郎 中山駅前店

西台の「つけ麺祭り」に行く予定が、病院が混雑していて出遅れてしまったので、未食の中山駅前店のつけ麺に変更。オープン以来、おそらく2回目の訪問。店外12人待ち、食べ終えるまで50分。

店主不在で厨房内は男性3名。それぞれ面白いシャツを着ており、「すべてが雑」「コインランドリー」「今が旬」の文字。「すべてが雑」のシャツを着た人の働きぶりがどうしても気になって、見入ってしまった。

小ラーメン650円(麺半分)、つけ100円
中山駅前店
前回訪問時に量が多かった記憶なので、食券を見せる時に麺半分でお願いする。同ロットには、麺半分、麺少なめ、麺カタメ、更にラーメンとつけ麺が混在していて、この注文を覚えられたら凄いなと思ったら、やはり後でもう一度聞かれた。

軽い酸味に醤油薄めのつけダレは、予想していたよりもサッパリした味。でも背脂は結構多め。右側の小さい豚、サシが入ってフワフワでトロトロ。野菜の茹で加減がちょうど良いね。
中山駅前店

麺半分でちょうど良いボリューム。普通だとこれの倍かと思うと、とても無理。しば漬けは、嫌いではないけどつけ麺との相性はイマイチ。でも、こういう新たな試みは大好きだ。
中山駅前店
美味しいので、レギュラーメニューになればいいな。

食べ終わると、昼の部終了の札。
中山駅前店

PageTop

上野毛店 店内改装中

8月1日から18日の間、店内改装のため休業している上野毛店ですが、木材でカウンターを作っていました。本格的に改装しているようで、次の訪問が楽しみです。
上野毛店

PageTop

髑髏@八王子野猿街道店2

夜の部限定20食の「髑髏」を食べに行く。
八王子野猿街道店2

並びなしの空席1つ。
八王子野猿街道店2

「髑髏」はなんとか販売中で、「きまぐれひきにく」も販売中であった。
八王子野猿街道店2
注文は、小ラーメン(700円)、髑髏(現金100円)、きまぐれひきにく(現金100円)、しょうが(現金50円)。

先に、きまぐれひきにくと、髑髏に付属の生玉子が供される。
八王子野猿街道店2

野猿ではここ数年プチしか食べていないので、このボリュームには圧倒される。
麺少なめでお願いすればよかったと、見た時点で後悔。
八王子野猿街道店2

しょうがのトッピングは大好物。ニンニク入れない派としては、二郎全店にあると嬉しいのだが。
八王子野猿街道店2

豚は、脂身が半分程度、味が染みて柔らかい。
八王子野猿街道店2

野菜がポロポロこぼれて食べにくいので、最初はひきにくと混ぜて食べることにする。
濃いめのひきにくと野菜が絶妙のバランス。
八王子野猿街道店2

続いて麺は、細めでカタメの茹で加減。胡椒と海老の香りが効いて、これは抜群に好みな味。もう少し辛さが加わってもいいかな。
八王子野猿街道店2

途中から生玉子をつけて食べると、まろやかになってこれまた旨い。更にひきにくも混ぜたりして、いろいろな食べ方を試みる。
八王子野猿街道店2
とても美味かったのだが、野猿の小はボリュームが多すぎる。最後は味わう余裕もなかった。

PageTop

ラーメン二郎 小岩店

最近、二郎系の店をいくつか巡ったが、更新するまでもないものばかり。
本当に旨い非乳化のラーメンが食べたい、ということで久しぶりに小岩へ。

少なめ(650円)、豚増し(現金100円)
小岩店
どこの二郎が一番好きかとよく聞かれるが、明確な答えはないものの、もしかしたら今は小岩店なのかもしれない。

スープ、豚、麺、野菜、いずれも全て完璧。
小岩店
この味を是非守って欲しい。

小岩店

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。